Tri-tip BBQに挑戦


Voice4uのリリース、幾つかの案件で年末から凄まじく仕事をしてきたので、さすがに今日は強制的に休みをとることにしました。

ということで今日は、BBQグリルでは初めて焼くTri-tipに挑戦です。

Tri-tip は、日本語では「友三角」とかいうらしく、サーロインの下の部分の方を指すそうです。絵はこちらをごらんください

なぜTri-tipかというと、とにかく安くて旨いのです。値段としては100g 100円程度です ($1 100円レートとして)。セールなら、100g 90円程度になることもあり。今日は2kgくらい用意したので、$20程度! ちょっとは最後に余って、明日サンドイッチにでもできるかと思ったら、4人であっという間に全て平らげてしまいました。

簡単ですが、以下、今日のレシピです。

準備

  • Tri-tip: 4 lbs
  • 醤油
  • ニンニク 1個

いろいろなマリネの方法とかありますけど、今日はシンプルに醤油だけ。以前、日本酒とか混ぜたこともありましたけど、何も考えずに旨く焼くなら、醤油だけにつけるのが間違いない。和食に慣れていない人でも、醤油だと気がつかないでガツガツ食べれます。ニンニクはお好みですが、小さく切って肉の中に埋め込みます。

グリルは炭を両側に寄せて、真ん中にはなにも載せません。Tri-tipはけっこう固まりで分厚いので、真ん中に炭を置くと火が強すぎて焦げるかなと思い、手羽先を焼く時と同じ設定にしました。

詳細図はこんな感じです。”Chicken Wings” となっていますが、気にしないで。。。「火にかける肉」と読み替えてください。

調理

肉を醤油につけて30分はたったら、いよいよ焼き始めます。グリルの網から6インチ (15cm)くらい上のところ上に手をかざして「あっぢぃー」というくらいの熱さになっていればOK。

まずは肉をグリルの真ん中にのせて、

ふたをします。これ重要。

10分間待ちます。ここはタイマーなどできっちり時間を計ってください。BBQは時間をきっちり計りさえすれば旨く焼けます。

10分経ったら、これくらいいい感じの焼き目が全体についてきます (iPhoneで撮影したのでちょっと画質が低い)。

まず肉をひっくり返し、香り付けのためのチップをおきます。今日はこんなサクラの木のチップです:

ひっくり返した肉の周りにおきます。

再度ふたをして、もう1度10分間計ります

時間がきたら、電子レンジなどであらかじめ温めておいたお皿に、肉をとります。冷たいお皿に肉を置くのはNG。冬場は気温が低いのでとくに要注意。

できあがりはこんな感じです。野菜サラダとワイン、ビールがよく合います。

断面です:

Tri-tipは初めてでしたが、両面を10分づつ焼いて、いい感じに真ん中がピンク色になりました。Tri-tipは真ん中がちょっとピンクくらいが一番美味しいです 🙂

☆ Tri-tipはフライパンでも美味しく焼けます。フライパンの場合は、1つの固まりが200~300g程度の大きさになるように切り、両面を中火で4~5分焼きます。焼くときは常にふたをしてください。☆

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four × 5 =