ステーキと、牛すじのニンニク炒め


今年の感謝祭は朝から晩まで仕事でしたが、充実した一日でした。さすがにターキーを焼くのは無理だったので、ステーキを焼くことになりました。

ステーキは、Rib-eye (リブアイ) という種類の肉を使います。いつもアメリカにどこにでもあるSafewayで購入しています。感謝祭のせいか、大セールでした! ステーキの肉は、高級スーパーで買う必要は全くなく、普通のスーパーで買える物で充分です。

1. 準備
 
まず下ごしらえとして、肉の周りの脂やスジを丁寧に切り落とします。ダイエット的な理由よりも、スジがついていると固くなったり、焼いたときに肉が反り返ったりすることがあるからです。

スジと脂を切り落としたら、醤油に30分くらいつけます。酒などはまぜず、醤油だけです。

2. 焼く

焼く直前に、塩コショウを肉にふります。ガーリックソルトもおすすめです。

フライパンを強火で熱します。フライパンが充分に熱くなったら、肉を焼き始めます。ふたをしないで片面を3分程焼いてください。3分はストップウォッチで正確に計ります。

3分たったら、肉を裏返します。

火を中火にして、ふたをして4分焼きます。肉の熱さとコンロの強さによりますが、これでミディアムレアくらいになります。今回の肉は暑さが2cmくらいでした。

焼き上がった直後の様子です。

まとめ

フライパンでステーキをするときのポイントです。

  1. 肉の大きさと厚さをなるべく同じにする。
  2. 脂とスジを丁寧に取り除く。
  3. 肉をつけ込むのは醤油。シンプルなのがいい。
  4. 表を、ふたをしないで、強火で3分。
  5. 裏返して、強火でふたをして4分。

3. 牛すじのガーリック炒め

最後に、ステーキを作ったときにできる、副産物です。ステーキよりも、こっちが人気だったりします。
(ちょっとカロリーオーバーなメニューなので、大勢でつつきながらビールと頂くと最高です♪)

材料:
1. 牛すじ (↑のステーキで切り落としたもの) 200gくらい
2. マッシュルーム 10個
3. ニンニク 5個 (好きなだけ用意する)
4. 醤油、塩、コショウ

作り方:
1. 牛すじを1cm角くらいに細かく刻む
2. マッシュルームは5mmくらいの厚さで刻む。
3. ニンニクを好きなだけ切ります。ひとかけを半分か3分の1くらいの大きさにして、「大きめ」にするのがおすすめ。
4. 熱したフライパンに、牛すじを炒めます。表面の色が変わったら、ニンニクを入れ、ふたをして中火で数分おきます。
5. ふたを開けて、マッシュルームをいれ、塩コショウ、醤油 (ステーキを漬けていた醤油が最高) をかけます。

炒めているときの様子です:

お好みで鷹の爪、七味などを入れてもいいかもしれませんね。

完成図です。このガーリック炒めを熱々のご飯にのせてドンブリでいただいくのも乙です。

1 thought on “ステーキと、牛すじのニンニク炒め”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

four + 2 =